2006年01月20日

THE有頂天ホテル

先日のスマステでも有頂天だった三谷幸喜監督・THE有頂天ホテルの話でも。


以下ネタばれなんでまだこれから観るって方は先へ進まないように。続き・・・
posted by 美月 at 00:00| | Comment(1) | TrackBack(16) | 【 movie 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

ハリーポッターと炎のゴブレット

今日(正しくは11/26です)から公開のハリーポッターと炎のゴブレットへ行ってきました。
先行オールナイトをのがしたので、平日最終時間に行こうと思ってたんですが、
欲望に負け早速出陣。
夜中なら空いてるんじゃないかと・・・思ってたんですが、
空いてるわけないじゃん!みたいな。
公開初日ですしね。えぇ。
ネタばれ的なことは書きませんが、内容がてんこもりなあの原作ですから、
時間的には2時間半と長いんですが、終わったら「え?2時間半でおわったの??」と言う感じでした。
おもしろかったです。
でもよくよく考えると、あの原作がよく2時間半でおさまったなぁ。って感じですかね。
あぁネタばれしないでかくのって難しいっ。

今回は設定が原作と違ったりしてる部分もあって、見てて「ここはどうつながっていくの??」とか結構ハラハラしたりして、自分めっちゃ楽しんでるじゃん!(笑)

今回もロンが可愛かったーーっ。
や、主役3人はかわいいんですよ。
今回はあんまり3人でつるんるとこが空くなっかたのは残念でしたが。
やってるうちにもう1回くらい行ってこようと思います。



posted by 美月 at 02:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【 movie 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

映画三昧

お久しぶりです。
ウツのソロツアーにいかないで何してるかっていうと…。

最近映画ばっかり見てます。

スターウォーズエピソード3に始まり、NANA、メゾンドヒミコ、
SHINOBI、チャーリーとチョコレート工場、コープスブライド。


あたし的に順位をつけるなら、
1位 メゾンドヒミコ
2位 チャーリーとチョコレート工場
3位 コープスブライド
4位 NANA
5位 SHINOBI

スターウォーズは別格なのでランク外。
おもしろいとかのレベルの話じゃないんだよね。
ちゃんと他の見ないと話つながらないうえに、あの内容ですからー。
見たうえでエピソード3見るとまさに万感の思いが込み上げてくると思います。
あたしは2回劇場に行き、2回とも大泣きしました。
来月にはさっさとDVDが発売されるので、また泣こうと思います(笑)
あたしにとっては「セカチュー」より泣けたの。

あたし的1位のメゾンドヒミコは
オダギリジョーの<美しさ>にまさにノックアウト。

「う、美しい??」に首をかしげたあなた!(誰??)
いや、あたしも見る前は「<美しい>ってどうなのよ。」って思いましたよ。
思ったけども、でもねこのオダギリジョーは<美しい>って形容詞がピッタリ。
かなりオダギリジョー素敵映画です。(笑)

で、オダギリジョー見たさにSHINOBIまで見に行ったんですがー!
非常に薄っぺらい映画でこれがまたツマラナイのなんの。
もー、びっくり!
けっこう「あずみ」チックな映画なんですけど、
あたしは「あずみ」の方が面白いと思う。
すっごく感情がない映画で、別にあの主役の2人が恋人同士じゃなくってもいいんじゃないの?って思っちゃいました。



1番新しいのがコープスブライドですね。
展開とか全然読めるんですけど、かわいかったです。

それよりもやっとハリーポッターの予告が見れて満足!
次のもすっごく楽しそうっ。
原作のあのボリュームがどこまで凝縮されるのか非常に楽しみな予告でした。
本読んで復習しないと。


posted by 美月 at 00:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【 movie 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

★ オーシャンズ 12  ★

本当は『東京タワー』が見たかったんですが、適当な時間に座席がなくって、何故か来週封切の『オーシャンズ 12』がやってたのでそっちを見てきました。
軽く感想を書いていくので、知りたくない人は戻って下さいね。
読んであげてもいいよという心優しい人は下へ。








出演者のギャラがとにかく高い映画『オーシャンズ 12』。
ジョージ・クルーニー、ジュリア・ロバーツ、ブラット・ピット、マット・デイモンと映画をあまり見ない人でも知ってる俳優さんばかりのキャスティング。
そのうえ、今回はキャサリン・ゼタ・ジョーンズまで出演!
映画一本で25億円を稼ぐジュリア・ロバーツを筆頭に、ギャラのトータル額はまさに庶民のあたしには天文学的数字です。

とにかく金がかかってるワリにこれがですね、あんまり楽しくなかったんですよ!


内容的には話がラストで二転三転するんで『おお、そうきたか。』って感じでしたが、今回はなによりもテンポが悪くって途中で寝そうになっちゃいました。

笑えるシーンもあるにはあるんだけどねー。
テンポが悪いとどんなに良い脚本でもだるくなっちゃいます。

前回の『11』でとてもキュートでファッションも洗練されてたブラット・ピットも『トロイ』#のおかげで(?)、なんだか野暮ったい感じで全然ときめかないんですよ。
#『トロイ』のアキレス役をやるにあたって肉体改造した。
肉体改造うんぬんよりも『太っただけ?』という感じにしか見えない。
ステキなブラット・ピットはどこにいったの??


評価は『映画館で見る必要はない!』です。

posted by 美月 at 04:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(4) | 【 movie 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月09日

ハウルの動く城

今年はアニメ映画が元気な年ですねー。
押井守、大友克洋ときて、世界の映画に多大な影響を与えている方々ですけど、最後に来たのは宮崎駿監督 ハウルの動く城。

ということで行ってきました。ま、普通に面白かったです。


あたしは宮崎アニメで一番好きなのは〈もののけ姫〉なんですよ。
この映画で日本のアニメって凄い!と初めて思った映画で。
ストーリーのスケール感にただただ圧倒されて、これで監督が引退するっていうのもわかるなぁ。みたいな感じだったのね。
そんな強烈なメッセージこそはありませんでしたけど、普通に面白かったです。

ハウルの拓ちゃんも素敵だったよ。
ハウルの第一声を聞いて『えっ?これ拓ちゃん?』ってなりましたけど。あんな声も出せるんだなぁと。
ハウルが癇癪を起こして『美しくなければ意味がないんだ!』みたいなことを言うんですが、10年連続〈好きな男・NO 1〉の木村拓哉だからこそ許されるかなーって思いましたよ。
癇癪っぷりも〈色男〉な木村拓哉が演じているのを想像すると楽しかったです。
普段、そんなことは口にしなそうだもん。


それにしてもかかしのカブは最後の最後に美味しいとこを持っていきましたよ!続きを読む
posted by 美月 at 16:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【 movie 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。