2004年12月09日

ハウルの動く城

今年はアニメ映画が元気な年ですねー。
押井守、大友克洋ときて、世界の映画に多大な影響を与えている方々ですけど、最後に来たのは宮崎駿監督 ハウルの動く城。

ということで行ってきました。ま、普通に面白かったです。


あたしは宮崎アニメで一番好きなのは〈もののけ姫〉なんですよ。
この映画で日本のアニメって凄い!と初めて思った映画で。
ストーリーのスケール感にただただ圧倒されて、これで監督が引退するっていうのもわかるなぁ。みたいな感じだったのね。
そんな強烈なメッセージこそはありませんでしたけど、普通に面白かったです。

ハウルの拓ちゃんも素敵だったよ。
ハウルの第一声を聞いて『えっ?これ拓ちゃん?』ってなりましたけど。あんな声も出せるんだなぁと。
ハウルが癇癪を起こして『美しくなければ意味がないんだ!』みたいなことを言うんですが、10年連続〈好きな男・NO 1〉の木村拓哉だからこそ許されるかなーって思いましたよ。
癇癪っぷりも〈色男〉な木村拓哉が演じているのを想像すると楽しかったです。
普段、そんなことは口にしなそうだもん。


それにしてもかかしのカブは最後の最後に美味しいとこを持っていきましたよ!映画予告が素敵なことになっておりました。

*スターウォーズ エピソード3 シスの復習

*オペラ座の怪人

どっちも楽しみ。
オペラ座の怪人はアンドリュー・ロイド・ウェバーの音楽がまんま使われるそうなんで、ウッキウキ。
最近、CMで使われていたのはこういうことだったのね。
posted by 美月 at 16:34| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 【 movie 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。