2004年12月08日

新選組! 第48回 流山

「オレがいる限り新撰組は終わらねぇ。」
といったはじめちゃんですが、そのことを話題にされて大いに照れて尾形くんに食ってかかってるとこが、かわいいでやんの。
何をしてもかわいいなぁ。うちのはじめはっ。

はじめちゃんがラブいとだけ言ってられない回なんですよ。
そうなんですよ。
もう、感情の起伏が激しい回で、笑ってたかと思えば、ピンと張り詰めた緊張感。
マジで、た、耐えられん。

思うことが多い。つか、多すぎな今週の新選組!でした。

古田新太はやっぱり野獣のように叫びながら登場。しかも薩長軍として。
個人的に好きな俳優ですが、薩摩藩だとわかり、
「お前が、勇ちゃんを連行するのかーーー!!」と憎らしくさえ感じましたよ。
どこからどう見ても<悪役面>。

で、呼ばれもしないのにやってくるのが、捨輔。
や、ホントに呼んでないからっ。
『ハラハラした?』
えぇ、ビデオ早送りしちゃうくらい。

有馬が勇ちゃんを値踏みするところもビビリながら見てて、
有馬の『敵ながら天晴れ。一度、膝をつき合わせて酒でも飲みたかった。』で、
あぁ、有馬さん 男気があって良い人〜〜〜。
<悪役面>だけど、やっぱりオジーだ。

つ、ついに勇ちゃんとトシの今生の別れ・・・。
トシの「別れの言葉なんかいらねぇぜ。」でもう涙が・・・。
コルクは出てくるは、抱き合うわ。
もうこれでもかって、大泣きですよ。
今年1年は新撰組関連の本をいっぱい読んでるんで、史実としては理解してるんですが、
慎吾ちゃんと山本耕史くんのお芝居にやられました。

勇ちゃんと加納くんのあの沈黙の長く感じたことっ。
・・・「お久しぶりです。加納くん。」
全てを受け入れてしまう勇ちゃんが悲しいまでにかっこいいこと。
この勇ちゃんはどこまでもどこまでもまっすぐ。

もう、来週は見ないかもしれません・・・。
終わっちゃうのも寂しいし、斬首されるのも百も承知ですが、
あの勇ちゃんがと思うと耐えられそうにありません。

だって、最終回見たら終わちゃうんだよ???
全部が悲しいよ。

録画はするけど、しばらく見ないかもなぁ。






posted by 美月 at 13:22| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(1) | 【 新 選 組 】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。TBもさせていただきました。
確かに最終回見るのはもの悲しいですね。。。
Posted by Yuseum at 2004年12月08日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

新選組!(ラスト2回)
Excerpt:  うーん、寝過ごしてBS-hiを見逃した(;^_^A  ということで、総合で見ることになったのだが、ラストも近づくといろいろな思いが駆けめぐって、頭の中がまとまりません。。流山 ストーリーは、また誰か..
Weblog: ミステリ通信「みすみす」blog
Tracked: 2004-12-08 21:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。